専攻長のご挨拶

 小樽商科大学大学院商学研究科アントレプレナーシップ専攻(通称,小樽商科大学ビジネススクール:OBS) は,2004年に専門職大学院として北の大地・北海道に誕生し,今年で15年目を迎えました。これまで新事業の創造,既存事業の変革,組織改革を担うアントレプレナーに必要な事業構想力やマネジメント力を備えたビジネスパーソンの育成に取り組んできました。

 OBSでは,アントレプレナーシップの発揮は,スペシャリストとしての専門能力とジェネラリストとしての統合力から生まれると考え,両能力を融合できるカリキュラムを提供しています。専門能力の開発のために11の分野・領域に関わる科目を基本,基礎,発展科目の中に配置し,段階的に専門性を高めることができるようにしています。また,統合力の開発に関わる実践科目のビジネスプランニングとケーススタディでは,新しいビジネスの構想,および戦略的課題の解決に関わるトレーニングを通じて多角的な分析力や総合的な意思決定力を磨くことができます。

 講義も教員が一方的に知識を伝えるのではなく,教員と学生,また学生同士が自由な雰囲気の中で活発に討論する場が提供されています。OBSには一般企業の経営者や社員の他に,弁護士や医師,会計士など多様な専門性やバックグラウンドを持つ学生が集まっているため,講義中のディスカッションは,他では得ることのできない物の見方や考え方を学ぶ貴重な機会となっています。

 OBSを修了すればMBA(経営管理修士)の学位が授与されます。すでに437名の修了生がMBAホルダーとして社会で活躍しており,OBSスピリットを共有した修了生のネットワークはビジネス上の重要な交流の場になっています。

 あなたもOBSで我々とともに学び合い,明日のビジネスを動かしていく自分に磨きをかけてみませんか。OBSはチャレンジするあなたを待っています。

専攻長.png

アントレプレナーシップ専攻長   玉井 健一